コンテンツにスキップ

リリース情報

リリース情報[Released]

2022-08-08

変更点(Changed)

  • アップリンクデータの .router.rssi(LTEセルラーのRSSI値) の値が現在のアップリンクした時点の値を表していなかった為修正を行ないました。

2022-05-16

変更点(Changed)

  • ダウンリンク時に複数の経路のルーターの優先度順にリトライを行なった場合に、GET /commands/{command_id} にて、リトライ時の履歴を historiesとして表示するように変更

追加機能(Added)

  • 一部BLE Device に対してのDFUについて、バイナリファイルを送信するのではなく、version 指定によってDFUできる仕組みを追加しました。

2022-02-21

変更点(Changed)

  • アップリンクデータの処理においてパフォーマンスが向上しました。

追加機能(Added)

  • application に azure blob 機能を追加しました。

2022-01-16

変更点(Changed)

  • アップリンクデータがまれにwebhookできない場合がある問題について、修正しました。

2021-11-15

追加機能(Added)

  • GET /v1/router, GET /v1/devices にて、group id を指定してフィルター検索を追加

変更点(Changed)

  • ダウンリンクに対するレスポンスにて、デバイス側の挙動とdevice timeoutとdevice unreachable の意味に齟齬があったため修正を行なった。

2021-11-08

変更点(Changed)

  • ダウンリンクに対するレスポンスにて、デバイス側が任意のコードをレスポンスした時のBraveGATE側の動作を変更
  • その他軽微な不具合修正

2021-04-05

追加機能(Added)

  • Polling downlink モードの追加(Preview)
  • LTE一体型デバイスに対して、device_id を指定したUPDATE_DEVICE_FIRMWARE コマンドのサポート (サポートデバイスのみ)

変更点(Changed)

  • 高頻度にダウンリンクを行い100以上のコマンドが処理待ちになっている場合にそれ以上ダウンリンクを受けつけない様に修正(ユーザーアプリケーションからの多量なダウンリンクコマンドを短期間に受け付けた場合への対応)
  • アップリンク時に、routerとdevice の情報が一部更新されない場合があった
  • ダウンリンクにおける SEND_DATAのファイルサイズ量を300000 byteを上限とする変更
  • その他軽微な不具合修正

2020-11

追加機能(Added)

  • なし

変更点(Changed)

  • router を登録した直後から、ダウンリンク命令を送信出来るように仕様を変更。登録後の最初の起動時、または再起動時にアップリンクされるデーター(routerの情報) が確認できるまでダウンリンクできない仕様を登録直後からダウンリンクできる仕様に変更。
  • application に登録するtokenの文字長が、仕様の解釈ミスにより68文字固定以外受け付けないようになっていた。1-2048の文字長を受け付けるように修正

削除(Removed)

  • なし